身近で簡単にできるエコ運動はコレ

ごみの分別収集と学校におけるエコ教育について

ごみの分別収集によってその後のリサイクルの効率が大きく変わることを考えれば、ごみを出す段階できちんと分別を済ませるのは現代人の義務と言えるでしょう。実際少し考えればごみを家庭で分別するのと、まとめて処分場で分別するのとどちらが楽かはすぐにわかるはずです。空き缶一つとっても分別に無神経な人間が生ごみと一緒にして出したりすれば、それを取り出しきれいに洗わなければリサイクルに回すことが出来ないのだから、家庭におけるごみの分別がどれほど大切なことか容易に想像できるはずです。現状ではそうした分別が完璧に行われているとは言いがたい状況ですが、それでも以前に比べれば随分とましになっているし、この調子で分別の重要性を多くの人にわかってもらいたいものです。

ところでごみの分別に有効な対策として学校におけるエコ教育があげられます。それによって子供がこの社会と自然とのかかわりや、資源が限りあるものであることなどを学んでいけば、いずれその子が大きくなったときにきちんとごみの分別を行う大人になるはずです。それがさらに子供にも伝わって、世代を超えて分別の意義が引継がれていくことになるでしょう。また現在でも子供が大人を諭して分別を徹底させるとか、エコ活動に参加させるということもありうるはずです。そう考えると子供に対するエコ教育が将来の社会に非常に大きな影響を与えることがわかるし、ごみの分別のような問題はそうした長いスパンを通した解決策がもっとも有効なのかもしれません。

Copyright 2017 身近で簡単にできるエコ運動はコレ All Rights Reserved.