身近で簡単にできるエコ運動はコレ

エコの活動!ゴミの分別

まだまだ地域によってだいぶ差があるように思われますが、最近では各自治体でもエコ活動の一環として、ゴミの分別には非常に厳しくなっているように思えます。分別もそうですが、ゴミを出すに当たっては、市区町村指定のゴミ袋で出さなければ、回収してもらえないと言う事もあるくらいです。私が住んでいる地域は、割とその分別は細かくて、厳しい場所かも知れません。

まず、燃えるゴミと燃えないゴミの分別はもちろんですが、資源ごみでも種類がいくつかに分かれていて、ペットボトルや空き缶等の資源ごみと古紙や古着などの資源ごみと、同じ資源ごみでも出す日が違ったりもします。そして、燃えないゴミに関しても、もちろん危険ゴミなどを混ぜる事は禁止されているので、それも分別して出す必要があります。そして、きちんと指定された日に出さないと、もちろん回収はしてもらえないのです。ゴミ袋も指定のものできちんと決まっています。回収してもらえなかったゴミは、ステッカーが貼られて、ゴミ捨て場にそのまま置き去りです。私はまだ経験が無いのですが、そのステッカーが貼られたゴミは、出した主が持ち帰らなければならないので、絶対に間違えたくないものです。

また、ゴミの出し方とは別に、スーパーの惣菜や刺身や肉などが入っているトレーに関しても、各ショッピングセンターなどに回収ボックスが設置されており、ペットボトルのキャップなどの回収している様子がよく見かけられます。どちらも、燃えるゴミとして出す事は可能なのですが、エコを考えるとそういった回収ボックスに入れるほうがリサイクルに回す事が出来ていいのかも知れないですね。考えてゴミ出しをするのは、結構面倒な事ではありますが、今この温暖化などの状況を考えると必要な事なんだと感じています。

Copyright 2017 身近で簡単にできるエコ運動はコレ All Rights Reserved.